CIRRUSAIRCRAFT.COM

HOME SR20 SR22 SR22T SF50
 
シーラスSRシリーズ機能紹介 キャビン&コックピット アビオニクス 安全機能 その他の装備 内装&外装
その他の装備
Spectra™ Wingtip|スペクトラ・ウィングチップ
  空力的な影響が極めて少ない一体型のレンズに、高機能なライティングシステムを組み込んだ、新しいデザインのウイングチップです。着陸灯、航法灯、Haloライト、デュアルストロボで構成されます。
翼縁に沿うHaloライトは、夜間に機体の周囲を照らして外部点検などの補助をする照明です。バッテリースイッチをOFFにしていても、キャビンドアの開閉や、リモートキー(オプション)の操作に合わせて作動します。
離陸して300ftAGL以上の高度に達すると、Haloライトは自動的に消灯します。同時に、他機からの視認性を高めるために両翼の着陸灯が交互に点滅を始めます。着陸に際して高度を下げれば、両翼の着陸灯は通常の点灯に戻り、滑走路を明るく照らします。

Tinted Windows|スモークのかかったウィンドウ
後席の窓とリアウィンドウは、直射日光を防ぐために薄く着色されています。

High Performance Brakes|ハイ・パフォーマンス・ブレーキ
  シーラス機のために新しく設計された、ベリンジャー社製のブレーキシステムを採用。低温・高温いかなる状況下でも高い制動力を発揮でき、チューブレスタイヤと完全密閉式のホイールベアリングは故障のリスクを低減させます。ホイールフェアリングには点検に便利なアクセスドアが付いています。

Interior/Exterior Ambient Convenience Lighting|環境照明
前席の足元を照らすライト、貨物室内を照らすライト、搭乗する際のステップを照らすライトが装備されます。リモートキー(オプション)でドア・ロックを解除すると、搭乗ステップ、座席足元の環境照明、標準装備されているルームライトが点灯します。貨物室のライトはドアを開けると自動時に点灯します。手動でON/OFFを切り替えることも可能です。

Remote Keyless Entry|リモート・キーレス・エントリー機能
リモートキーによって離れた場所からドアの施錠/開錠ができます。

UV Protected Windows|UVカット仕様のウィンドウ  
すべてのウィンドウが、紫外線を100%、太陽光の熱伝達を30%遮断する、UVカット仕様になります。

Hartzell Lightweight Composite Prop|複合材製軽量プロペラ  
※SR22Tには標準装備
スチール製のプロペラを軽量の複合材製に換えることで、有効搭載量が増加します。

Air Conditioning|エアコン  

Yaw Damper|ヨー・ダンパー ※SR20には装備不可 
必要なラダー操作量を計算し、自動的にラダー操作をアシストします。
離着陸の際には使用できません(200ftAGLで自動的にON/OFFが切り替えられます)

Cirrus Known Ice Protection System|防氷装置 ※SR20には装備不可 
防氷装置|シーラスSR22・SR22Tオプション装備   最大使用時間
・NORM(通常流量):150分
・HIGH(防氷面への着氷が見受けられる場合):75分
・MAX(防氷面への着氷が続く場合):37.5分
ウインドシールド、主翼、水平尾翼、垂直尾翼、昇降舵先端、及びプロペラ面上を防除氷液でコーティングすることで、機体に着氷が起こる気象状態でも、氷の蓄積を防止・除去します。
失速警報装置のヒーターも併せて装備されます。ピトー・ヒート及び着氷点検用ライトは標準装備されています。

Tanis Engine Pre-Heater|エンジン・プリ・ヒーター  
寒冷地でのフライト前にエンジンを予熱しておく装置です。

Built-in Oxygen System|酸素システム ※SR22Tには標準装備、SR20には装備不可 
  高高度を飛行する際に必要な酸素ボトルやマスクを機体に組み込みます。携帯用の酸素ボトルを使用する場合とは異なり、ディスプレイ上で酸素の残量や警告を確認することができます。
酸素の消費量は、搭乗人数、飛行高度、その他諸条件によって異なります。
一例として、パイロット1名と乗客1名が16,000ftを飛行する場合、ほかの条件にも左右されますが、ボトル1本の酸素でおよそ13時間弱の飛行が可能です。

Landing Gear Simulator System|着陸装置シミュレーター  
着陸装置(ランディング・ギア)シミュレーター|シーラスSR20・SR22・SR22Tオプション装備   訓練機用のオプションです。典型的な引込脚システムを模した装置で、着陸装置の形態を表すランプや、警報音も忠実に再現しています。また、着陸装置の形態は教官側で設定することが可能なため、模擬的な故障状態を作り出すことができます。

  *2017年モデル
  *機体の装備・機能は製造年により異なります